慰謝料の相場と請求方法

MENU

慰謝料の相場と請求方法

浮気相手への慰謝料の相場と請求方法

 

 

夫(妻)が浮気をしていたことが発覚!どうしても怒りが収まらないあなたは、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求しようと思いました。しかし、慰謝料はどのような方法で請求して、いくらくらいの相場になるのでしょうか?

 

 

慰謝料には基準なし!

 

・慰謝料とは、浮気をしていた夫(妻)対して精神的苦痛を受けたとして請求するお金のことです。配偶者や浮気相手に慰謝料請求することは、不正行為に対する損害賠償請求として法的に認められています。

 

・実は、浮気相手への慰謝料には明確な規定はありません。ですので、過去の裁判事例などによって相場を決定します。

 

・浮気をしても相手と別れて結婚生活を維持し続ける場合は50~100万円、浮気が原因で別居になった場合は100~200万円、浮気が原因で離婚になった場合は200~300万円くらいが一般的とされています。

 

・ただし、これはあくまでも裁判になった場合の相場なので、相手との話し合いでの示談になると、慰謝料の金額は数十万円の少額から億単位の大金になる可能性も出てきます。

 

 

慰謝料の金額は増減される

 

慰謝料の金額は、様々な事情によって増減されます。

 

・夫(妻)と浮気相手に年齢差があるほど、慰謝料は高額になるとされています。年齢が高いほうが思慮分別が求められたり、浮気の主導性に影響があるためです。

 

・婚姻期間が長いほど、慰謝料は高くなります。期間が長いとその分の心情への配慮や、離婚後の再スタートの難しさなどがあるためです。

 

・浮気発覚前の結婚生活が円満であるほど、金額は高くなります。逆に最初から別居していたり夫婦仲が悪く家庭生活が破綻していた場合は、浮気が不貞行為とは見なされず、慰謝料が安くなるかまったく取れなくなってしまうこともあります。

 

・夫婦間に子供がいると、慰謝料は増額する傾向にあります。親の浮気により子供の心に与える影響が考慮されるためです。また、夫(妻)と浮気相手との間に子供がいる場合も増額の要素になります。

 

・その他にも、浮気をした回数や期間の長さによっても増減します。また、夫(妻)または浮気相手の社会的地位や資産によっても慰謝料の金額は増減します。

 

 

浮気相手への慰謝料の請求方法

 

・浮気相手と直接話せるようであれば、話し合って和解をして慰謝料の金額を決めたほうが裁判の手間も省けます。慰謝料の金額が決まれば示談書を作成して、二度と夫(妻)に近づかないと誓約させます。

 

・相手と顔を合わせるのが難しい場合は、内容証明郵便を送って慰謝料を請求します。内容証明郵便は法的に証拠となりますので、できれば弁護士などの専門家に作成してもらうことをおススメします。

 

・内容証明郵便を送っても慰謝料を払ってくれなかったり、夫(妻)と交際を続けるようなら、浮気相手の居住地の簡易裁判所に調停を申し立てることになります。いずれにしても、慰謝料を請求するときには、浮気問題に詳しい弁護士などに間に立ってもらうのが一番よいでしょう。